WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
アンコールワット ~Angkor Wat~ 2011.1.10~1.28
説明不要の世界遺産アンコールワット。訪れるのは初めてではなかったが、その存在感と神々しい雰囲気にはやはり感動できる。
内部の造りや彫刻など、宗教建築の中でも最高峰の出来栄えだと感じるし、これらの遺跡を造った王の権力のすごさなど色々想像できる。今のところ個人的に世界一の遺跡だと思ってます。
日の出前のアンコールワット。徐々に明るくなってきた。 水面にアンコールワットのシルエットが映る。 中央祠堂など。 日の出にはたくさんの観光客が集まる。
段々と空が明るくなってきた。 赤みもちょっと出てきたかな。 もうすぐで日の出が。 太陽が出てきた。
水面に映るアンコールワットと太陽。 ホントに綺麗な景色。 すっかり太陽も上がった。 日の出が終わると観光客はいっせいに帰り全然人がいなくなる。
朝のアンコールワット。 もう少し近づいて。 仏僧にとってももちろん訪れたい観光地なのだろう。 プノンペンから来たという僧の観光客。
アンコールワット。 少し戻るが外の入口のところ。 ここをくぐると一気にアンコールワットが視界に入る。 ナーガの像はやはりアンコールワットらしさがでる。
残念ながら中央は現在修復中。 元はヒンドゥー教の遺跡だったなごりのビシュヌ神の像。 まずは第一回廊へ。ここはぐるりと壁画が残されている。 たくさんのアバターの壁画。
へんな踊りをしている壁画。 戦いの様子の壁画。 マヌーハかな?
猿の神の壁画。
色々。
これも戦いの壁画。 王と思われる壁画。 これも王様かな。 ガルーダかなんかの壁画。
ライオンみたいのに食べられている。 こんな感じの壁画がずっと続く。 壁にはアバターの彫刻が。。 第二回廊には沐浴場と思われる場所が。
第二回廊祠堂。 格子状の窓。 よく見るとカッコイイ模様。 窓から窓を見てみる。
第二回廊から中にはみたいのを覗いてみる。 図書館みたいな建物。 第二回廊の奥には第三回廊が。 第三回廊を覗き見る。
アバターと第三回廊。 中央は修復中。 仲良しのアバター。 第三回廊はなかなかの高さがある。
第三回廊の祠堂を覗き見る。 入口みたいな所の上にある彫刻。 中央の回廊もなかなかの規模。 第三回廊に登るとあたりを見渡すことができる。
第三回廊内部。 中央祠堂には四方に仏の像が。仏教関連の寺になったようだね。 第三回廊から。 窓の隙間から覗いている。
中は悠久と言った言葉が似合うのんびりとした雰囲気。 さすがの規模と迫力でした。 外ではこんあ衣装を着た人達と写真を撮れる。 アンコールワットからの日の入り。
たまに見る看板がここにも。 ポニーに乗って写真を撮る商売をしていた人の子供。 日本のテレビ局の撮影をやっていた。 フランス人がアンコールワットを発見した時の再現かな?




Back to Pictures