WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
アユタヤ ~Ayutthaya~ 2011.2.21
バンコクからほど近い世界遺産アユタヤの遺跡。
どうしてもアンコールワットと比べられ、「微妙。。」との評価をされがちだが、アンコールワットと比較せずにアユタヤの、いかにもタイの寺院らしい遺跡の雰囲気は単純に素晴らしいものだと思える。
アユタヤはスコータイから6時間ほど アユタヤの駅前に宿を取り、遺跡の方へは渡し船を使って。 学校帰りか、すごい数のバスが止まっている。 アユタヤの市場。
生鮮食料品を扱う店が目立つ。
アユタヤでメジャーなマハタート寺院。 かつてビルマ軍に破壊されてしまったようだがまだ仏像とかが残っている。 マハタートの仏像。 壊された仏像。
顔がない。
これはいかにもアユタヤな光景。木に埋もれた顔。 頭だけの仏像でも敬意を払おうという看板。 その辺においてあった仏像。 マハタート寺院内。
かつては大きな寺院が建っていたのだろう。 いろいろな種類の仏塔が建っている。 後ろのクメール様式のは違うお寺の仏塔。 仏像には黄色い袈裟がかけられている。
マハタート寺院内。
頭の無い仏像。
クメール様式っぽい仏塔。 こちらもマハタート。 こちらも。
ラチャブラナ寺院。 入口から覗いてみる。 中心の仏塔。 その辺にあった違う寺。
ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットという寺院。 中には巨大な金の仏像が。 手前にある小さい仏像に、大仏の手から紐が続いている。 プラシーサンペット寺院。
今は仏塔だけだが、昔は立派な寺院が建っていたという。 たくさんの小学生達が見学に来ていた。 キレイな三つの仏塔。 アユタヤを代表する寺院。
三つ並んだ姿がなかなか良いね。 こちらもアユタヤを代表する寝釈迦。 残念ながらあまり整備などはされてなくてさびれた感じ。 足元の方から見てみる。
郊外にあるプーカオトーン寺院。 この仏塔はちょっと傾いているようだ。 チャイワッタナラム寺院。 クメール様式っぽい造り。
ヤイ・チャイモンコン寺院。なかなか大きい。 多くの仏像が鎮座している。 違う場所にもたくさんの仏像。 壁にもりっぱな装飾が施されている。
黄色い布をかけられた寝釈迦。 仏像。 花と一緒に。 見上げてみて。
寺院の周りにたくさんの像がある。 他の像が拝んでいる仏像。 供えられていたお花。 たくさんの仏像。
アユタヤ駅。 線路は続く。 日本の電車みたいなのが来た。 車内はボロイがガラガラだった。




Back to Pictures