WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
ブハラ ~Bukhara~ 2011.9.8~9.10
ヒヴァからブハラに移動してきた。
ブハラはかつてはイスラム世界の文化的中心として栄えたらしく、古いモスクや神学校、市場や城壁があり歴史のある町のよう。現在は地方都市の一つという感じだが、そののんびりとした雰囲気もなかなか良い。
ヒヴァからは未舗装の道をずっと進む。 乗った車の運転手がかなりのスピード狂で、案の定捕まっていた。 ブハラの町に到着。
この町も古いモスクが立ち並ぶ。
カラーンモスクからの眺める。
ミルアラブメドレセという神学校かな。 青いタイルはアップで撮ると映えるね。 絵葉書風な写真を何枚か。 なかなかカッコいいですな。
こちらも神学校のようだ。 装飾は定期的に塗られ、保護されている感じ。 壁のある青いタイルは芸術度高し。 イスラム世界ではタブーとされる偶像がかかれたメドレセ。
門全体はこんな感じ。 ここは屋根付きの市場になっている。 土産物屋ばかりでブハラも観光地だなと思わされる。 ブハラ名産らしい、手作りの小さいハサミ。
細密画も有名らしく細かい絵がいっぱい売られていた。 アルク城とかいう城。
歴史背景は不明。
イスマイール・サーマーニのお墓、出身はタジキスタンらしくタジクにはたくさんの像があった。 郊外のバハウッディン。
のんびりした所だが、そこまでの見所ではなかったな。
バザールに行くとマクドナルドのパクリ店があった。 焼かれていたケバブ。
美味しそうである。
   

次はウズベキスタン最大の観光地、サマルカンドです。
サマルカンド


Back to Pictures