WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
コロンボ ~Colombo~ 2011.4.7~4.8,4.17~4.22
スリランカの首都コロンボはたくさんの市バスが走り、市場には多くの人が集まるといういかにもアジアの混沌さと、海沿いの穏やかな雰囲気とを併せ持つ街であった。
コロンボの空港に到着。
スリランカへの入国は初めて。
多くのスリランカ人が入国手続きの前の免税店で大量の家電を買っていた。 コロンボの街並み。
古い建物の向こうに新しい高層ビルが見える。
街の中心にも仏塔があるあたりは仏教国であることを感じさせる。
政府系の建物の前にはたくさんの警備が。 スリランカ一の高層ビルのワールドトレードセンター。 こちらはセイロン銀行の
ビル。
こちらは電話局。
力強い電話のモミュメント。
\
普段は大渋滞の道も祝日にはガラガラになる。 コロンボの海岸。 海岸沿いの公園には大きな国旗がはためいている。 海岸から外に向かって大砲が。昔の名残なのだろう。
海岸ではたくさんの地元民が海に入って遊んでいた。 夕方の公園にはたくさんの人が集まる。 インド洋に沈む夕日。 海に沈む太陽は綺麗なのでなかなか好き。
ガンガラーマ寺院ではでかい仏像が。他の国のものと雰囲気が違うね。 スリランカでも日本の震災の追悼をしてくれていた。 こちらは立像。 こちらは寝釈迦。
寝釈迦の周りに集まる人達の像。インド人ぽい感じがするね。 ちょっと派手な仏像。 湖の上に浮かぶように造られた寺院。 コロンボのバザールも人がたくさんでなかなかの活気。
歩行者天国になり路上にたくさんの店が並ぶ。 暑い中客も多く集まっていた。 市場では服や果物などなんでも売っている。 りんご屋の人達。
市場の人。 りんごの緩衝材をくり抜いて帽子にしていた。 市場の人。
みんな写真を撮ってくれーと言ってくる。
コロンボの鉄道駅。
スリランカの正月にあたりかなりの混みよう。 南国な雰囲気な線路。
電車に乗っていても気持ちがいい
不意に電車が来た。
変な設定で撮った写真だがこれはこれで味があるかな?
コロンボの市内からちょっと南のマウントラヴィニアの海。
漁村になっておりたくさんのボートがあった。 網を修理する漁師の人。 スリランカでよく見る通信会社の看板。やはりクリケットが一番人気のスポーツのようだ。 食べ物の包み紙は裏紙をリサイクルして作られたものが多い。中にはこんな子供の絵が描かれてものも。


キャラニア ~Kyalaniya~     
コロンボの中心からバスで30分ほどにあるキャラニアにある寺院は、規模の大きさと寺院内部の壁画がいかにも古そうな雰囲気を出していて、またスリランカの中でも格式の高い印象を受ける。
毎月満月の時の「ポヤデー」という日には多くの仏教徒が参拝に訪れるという。

キャラニアの寺院の入口。 境内は広々とした造りになっている。 本殿と隣には大きな白い仏塔が。 入口のところにある
レリーフ。
こちらも。 薄暗い内部には一面に壁画が施されて古代の雰囲気。 よく知らないが実際に古くからある寺院なのだろう。 壁画の内容はもちろん仏教関連。
高僧、いや仏陀かな?が
教えを説いている様子。
インド人みたいのが僧に贈り物している様子? 内部は静かでちょっと厳粛な雰囲気。 白いベールに包まれた
寝釈迦の像。
寺院の外にはハイビスカスとか熱帯性の花が。 寺院を支えるキャラ達。 お気に入りの逆立ちの像。 スリランカの寺院はヒンドゥー教のと多少混ざっているのか、ガネーシャの像も一緒にあったりする。
気の下にある仏像に清めの水をかけるため大行列ができていた。      



Back to Pictures