WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
デット島,シーパンドン ~Det Island, 4000 Islands~ 2011.1.29~1.30
4000の島があるというシーパンドンというエリアの島はのんびりとした南国の雰囲気の島々。
島に到着して、泊まる宿を探すもなんとどこも満室。。
あるレストランの床で寝かせてもらおうとすると、優しいタイ人の旅行者が自分の部屋に泊めてくれた。
次の日は自転車で、デット島とコーン島を散策。
ヤシの木が立ち並ぶ、のんびりとした南国の雰囲気を楽しむ事ができた。
ヨーロピアンにかなり人気の場所らしく、夜はには大量の旅行者がバーで大騒ぎ。

日の出も日の入りも綺麗に見えるなかなか良い島でした。

シェムリアップを発ち、
ラオスへと出発。
ラオスの入国カードには
通信会社の広告が。
社会主義国だと思ったけどこーゆーこともするのね。
荷物満載の車 カンボジアーラオスの国境
多分「ドンカロー」という
国境
 
いかにも現地人の耕運機がさらっと国境を渡っていった カンボジア側の国境事務所と思われる建物が建設中  ラオス側の入国審査
カンボジア、ラオス側ともに$1の賄賂が必要
無事にラオスに入国し、
船でデット島へと渡る。
小型のボートに乗り込む。 ちょうど夕暮れの時間で、メコン川に沈む夕日を見ることができた。  夕日  太陽がなかなか大きく見える。 
 夕日 今度は朝日。
東向きのバンガローに泊まったのでこんな景色を見ることができた。
川は現地人の生活に欠かせないものとなっているのだろう。 ボートが通る。
自転車を借りて、デット島と隣のコーン島を散策することに。 島はこんな感じの雰囲気でのんびり。 子供が遊んでいたので記念撮影。硬い表情になってしまったが。  この島はヨーロピアンだらけ。みんな自転車でいったりきたりしている。
道端にあったガソリンスタンド デット島とコーン島の間 このあたりは4000の島があると言われている。 コーン島へと渡る橋
昔は物資運搬用の線路だったらしいが日本軍が破壊したようだ。 島にはビーチもある。
川でビーチとは意外な感じ
草が生えてたりするが確かにビーチ。  コーン島にはソンパミットという滝がある。 
ソンパミットの滝 ソンパミットの滝 再び島の散策 ヤシの木が南国って感じするね。
 日差しも強く、なかなか暑い。 いたるところにボートが。 空も青くて心地良い。 英語だと4000islands
 島にはバンガローが乱立しているが、毎日どこも満室となるようで溢れた人はその辺で寝る羽目に。 日本軍が破壊したという鉄道。これ以降、ラオスには鉄道はないようだ。 小さな島だが学校もある。
日本人の〇〇さんという方の寄付で作られたそうだ。
一部屋で4つの黒板がある。ごちゃごちゃした授業になりそう。
 ヨーロピアンはビーチでのんびり。 珍しく昼間からビールを飲んで自分も寝ることに。  ビールはもちろん、
「ビアラオ」
 
島はツーリスト用のバーやレストランばかり。 
2日目のサンセットには間に合わなかったが、空は綺麗に色付いていた。 ヨーロピアンはバーで大はしゃぎ。すげー人数がいた。こーゆーノリは苦手なので写真撮るだけ。 次の日の日の出。
やはり綺麗だね。
日の出。





Back to Pictures