WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
ホジャンド ~Khojand~ 2011.9.21
ウズベキスタンからタジキスタン第二の町ホジャントへと到着。
第二の町ではあるが、ビルらしいビルもなく遠くには山も見えるのんびりとした町並みである。
タジキスタンに入ったものの、人もまだウズベク系が多いのでまだまだ国が変わったという実感はない。
ホジャントの中心地の広場。 ここのモスクも天井は青色だ。 これも古そうな建物、多分お墓だな。 第二次世界大戦の記念碑みたいの。
ホジャントのバザールはなかなか大きかった。 果物などの食料品がメインで売られている。 多くの人が出入りしている。パッと見ウズベキスタンと一緒の人達。 かつての英雄、イスマイール・サーマーニの像。
かつてはレーニン像があったらしいが変わったようだ。
タジキスタンの国旗が描かれたモザイク画。 これはウズベキスタンの絵が。。テーマがよくわからん。 現大統領の写真を街中でよく見かける。 タジクも今年で独立20周年のようだ。
街中を走る大きな川。 今は博物館になっている城壁跡。 旧ソ連ぽい作りの建物。 ホジャントからドゥシャンベへと向かう。
途中の景色もなかなかキレイだ。      

ドゥシャンベ ~Dushanbe~ 2011.9.22~9.23
タジキスタンの首都ドゥシャンベへと到着。
ここもいかにもな観光地はないし、特にビルらしい建物も少なく都会って感じではないが、首都らしく政府系の建物が多く見られる。

国会かなんかの、政府系の建物。王宮みたいなやつかな? 前には巨大国旗がはためいている。 ホジャントにもあったイスマイール・サーマーニの像。 これは独立記念塔かな。
 
なんかの像。 公園には花が多く植えられている。 独立20周年のオブジェを良く見かける。 旧ソ連はこうした像が多い。
ドゥシャンベの駅、ちょっと小さいかな。 劇場みたいな建物。 モスクもあってイスラムの国なんだなと思わされる。 イスラム教の人々。
レストランには中央アジアの代表料理が載っている。 一応高い建物が。
マンションかな。
両替屋がいっぱいある。 卵を売っているお兄さん。
「Fantic」とかいうFantaのパクリものが。      


キルギスへ向かうために、パミールハイウェイを通ります。
パミールハイウェイ



Back to Pictures