WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
世界一周 一人情報ノート

アフリカⅢ ~Africa Ⅲ~

・マラウィ 1USD=278MWK(2012年7月)  ATM多数
       ※最近物価の変動が激しいようなので値段は参考までに
<移動概要>
     ソングウェ国境 ※国境の両替で100USDを偽札にすり変えられそうになった。詳しくは下で。
       ↓ 乗合タクシーで1時間 700MK
       ↓    
     カロンガ MAI TIWONGE RESTHOUSE シングル800MK
       ↓ バスで4時間 2000MK
       ↓ 
     ムズズ
       ↓ バスで1時間 800MK
       ↓
     ンカタベイ BIG BLUE STAR テント1000MK ドミ1250MK WiFiあり
       ↓ フェリーで5時間 1800MK
       ↓
     チズムル島 WAKWENDA RETREAT テント1000MK ドミ1500MK
       ↓ フェリーで4時間 1800MK
       ↓
     ンカタベイ KUPENJA LODGE テント500MK ドミ650MK WiFiなし
       ↓ ミニバスで6時間 2000MK(言い値2500MK)
       ↓
     ンコタカタ YAMIKANI RESUTHOUSE シングル900MK
       ↓ サリマまでミニバスで2時間 800MK
       ↓ サリマからモンキーベイまでバスで4時間 1300MK
       ↓ モンキーベイから乗合トラックで1時間 400MK
     ケープマクレア MALAMBE CAMP テント600MK ドミ1000MK
       ↓ モンキーベイまで乗合トラックで1時間 400MK
       ↓ モンキーベイから乗合ミニバスで6時間 2000MK
       ↓ ※モンキーベイからリロングウェまでの大型バスは朝一だがミニバスは多数あり
     リロングウェ ST.PETER GUESTHOUSE ドミ1000MK
       ↓ 国際バスで12時間(国境待ち時間含) 10000MK
       ↓ ※ダイレクトバスは週2便が2社出ているので実質4日ある。
       ↓ 席は自由なので早めに席を取らないと立ち席になるので注意。
     ザンビア、ルサカへ
<ビザ>
不要。30日間滞在可能。
ビザの延長は有料だが、ほとんどの町で簡単にできるようだ。

<宿泊>
宿情報を参照。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・両替レート
マラウィでは「闇レート」が存在していたが、2012年5月くらいに公式レートの是正を行ったようで闇レートとほぼ同一レートに引き上げられた。
よって闇両替するメリットはなし。路上での両替は以下のようなトラブルのもとになるので注意。
ATMは大体の町で見かけたし、実際に使えたので問題なし。

・ソングウェ国境での両替詐欺
話しかけてきた両替屋と1USD=300クワチャで両替することに。相手は最初一人だったが、元締めなのか仲間が登場。300USD変えるって事で、90000クワチャを受け取る。ここで300USD渡す。仲間が偽札がどうかチェックする間に、最初のやつが「もう50USDよこせ!」とか意味不明な事を言ってくる。「は?何言ってんだ?じゃあ両替はしない!」って事になるのだが、このスキに渡した300USDが偽札にスリかえられていた。。
ここで取引を中止させ、300USDを偽札に変える手口ですね。
すぐに気づいたので、「お前偽札の変えただろ!」と指摘しつつ、受け取った90000クワチャを絶対に返さないようにしてその場から退散。
相手がすぐ引き下がったので助かったが、ここで「この偽札はお前らのだ!」とか強く言ってきたら困ったかも。。
ザンビアなどでもある手口なので要注意。

・リコマ、チズムル島へのアクセス(ンカタベイから)
2012年8月現在、ILALAのフェリーが運休中。
代わりに大小2隻の船がンカタベイから運航している。
運行は不定期なようだが、2日に1回くらいは出発する。
ンカタベイからチズムル島まで5時間、1800MK。リコマまではさらに2時間ほど。
8時に出発すると言われても実際に出発するのは13時だったりと、1日移動で潰れる覚悟で。
チズムル島は本当に素朴な場所でオススメ。

・ンカタベイのバターフィッシュ
マーケット内にある「H&M RESTAURANT」で食べる「バターフィッシュ」(実際はバタラフィッシュ)はなかなかうまい。600MK。チズムル島ではその魚が1匹200MKもあれば買えるので自分で焼いて食べてもうまい。

・マラウィ湖のビーチエリア
行った場所を簡単に説明。ケープマクレアかチズムル島に行けば満足できるだろう。
①カロンガ
観光客が来ないのか大人含め人が素朴。だがビーチでのんびりみたいな感じではなくローカルな感じ。
②ンカタベイ
町南にあるChikale Beachまで行けば砂浜だし静かなのでのんびりできる。
町自体はただの町だし、写真撮影にうるさかったりする。
③チズムル島
超素朴な島、子供が「Gibe me picture」の大合唱。子供が集まってきすぎて収集つかなくなることも。
「人」という点では一番良かったし、湖の水もかなりキレイなのでのんびりする分には良い。
④ケープマクレア
砂のビーチがずっと続くので雰囲気はけっこう良い。ツーリスト多いが、現地人もいっぱいいるのでビーチリゾートって感じはないが。人はそれなりに素朴で良い。

・ザンビア 1USD=4960ZK(2012年8月) ATM多数
<移動概要>
     リロングウェ(マラウィ)
       ↓ 国際バスで12時間(国境待ち時間含) 10000MK
       ↓ 
     ルサカ FLIT STONES BPS(旧KUWANBOKA) テント泊25000ZK ドミ50000ZK
       ↓ バスで7時間 90000ZK
       ↓ 
     リビングストン FAWLTY TOWERS テント泊25000ZK ドミ50000ZK
       ↓ シェアタクシーで1時間 30000ZK
       ↓ ※大型バスなら25000ZK、5時、14時発。 ミニバスなし。
     カズングラ(ボツワナとの国境)
        
<ビザ>
国境で簡単に取得可能。
シングル50USD,ダブル80USD
ジンバブエはシングル30USD,ダブル45USDと安いのでビザ代の出費を抑えられるようなルートを取るのがよい。

<宿泊>
宿情報を参照。
・ルサカの宿
自分はFLIT STONES(旧KUWANBOKA)に宿泊。周辺に似たようなBP宿あり。
 ①FLIT STONES
 テント泊25000ZK ドミ50000ZK キッチンなし WiFi有料
 ②LUSAKA BPS(旧CHACHACHA BPS)
 テント泊 無し ドミ75000ZK 朝食付き キッチン不明 WiFi有料
 ③BROADS BPS
 テント泊 無し ドミ50000ZK キッチン不明 WiFi有料
 ④KALULU BPS
 テント泊25000ZK ドミ60000ZK キッチンあり WiFi有料
・リビングストンの宿
FALTY TOWERSが安いしのんびりしててダントツで快適だと思われる。
どの宿も滝までの無料シャトルあり
 ①FALTY TOWERS
 テント泊25000ZK ドミ50000ZK キッチンあり(3つ!) WiFi有料
 紅茶、コーヒー無料。3時のおやつでパンケーキ無料。
 ②LIVINGSTONE BPS
 テント泊40000ZK ドミ50000ZK キッチンあり WiFi有料
 ③JOLLEY BOYS BPS
 テント泊40000ZK ドミ60000ZK キッチンあり(1つ) WiFi有料 情報ノートはなくなりました。。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・ヴィクトリアの滝
ザンビア側(20USD)、ジンバブエ側(30USD)両方いってみた。
乾季(8月)に行ったのだが、行くなら断然ジンバブエ側!
ザンビア側は水量が全然なくて正直がっかりした。。6月くらいまでならけっこう水も多いようだ。ただ、川から滝になる直前の「デビルズプール」は迫力があってなかなか良いらしい。入場料+10USD。
ジンバブエ側は乾季でも水量が多いし、柵の無い崖っぷちのところから滝を見れるので迫力がある。
ジンバブエ側からでもザンビア側がほぼ見えるので、ザンビア側から見る必要無し。ジンバブエ側だと雨季は水が多すぎてわけわからん、って話も聞くが、ジンバブエ側から見るのが断然オススメ。
滝は、午前早くに行くと写真が逆光になるので注意。
ジンバブエ側でのベストは午後2時くらいかな。

・リビングストンでのWiFi
ほとんどの宿はWiFi有料だが、FREE WiFiのカフェあり
①WONDER BAKE
メイン通りのバスターミナル(SPARのスーパーマーケット)から滝と逆方向に100mほどいったところ。
郵便局の向いぐらい。 コーラ2500ZKとスーパーと値段変わらん。ソフトクリーム3500ZKなど。
②OLGA'S RESTAURANT
「FAWLTY TOWERS」向いのショッピングモールの隣。人に聞けばすぐわかる。
イタリア料理レストランで値段はちと高め。飲み物はコーラ5000ZKなど。

・ボツワナ 1USD=7.7BP(2012年8月) ATMそれなりにあり
<移動概要>
     カズングラ(ザンビア国境)
       ↓ ミニバスで20分、3.5P
       ↓ 
     カサネ CHOBE SAFARI LODGE テント泊85P
       ↓ タクシーで30分、二人で40P
       ↓ 
     カズングラ(ジンバブエ国境)
<ビザ>
不要。90日間滞在可。

<宿泊>
宿情報を参照。
泊まった「CHOBE SAFARI LODGE」は4つ星ホテル!
キャンプサイトは安いが部屋だと数百ドルはしそうなので注意。
宿から遠くにだがゾウだのバッファローだの見えるしオススメ。
宿の隣にスーパー、酒屋、ATMあり。
他は「THEBE RIVER LODGE」にもキャンプサイトがあるようだ。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・チョベ国立公園
 CHOBE SAFARI LODGEにて申し込み
 ・GAME DRIVE 225P
 ・BOAT CRUISE 190P
 ・HALF DAY GAME DRIVE 410P
 ・FULL DAY GAME DRIVE 815P
 ・DINNER CRUISE 250P       など
別途国立公園入場料が1日に70P なのでなるべく同日にいろいろやると良い。
自分は朝6時からGAME DRIVE 午後3時からBOAT CRUISEに参加。
GAME DRIVEは朝一で行ったほうが動くライオンなどが見れるので良い。(自分は見れなかったが。。)
BOAT CRUISEは夕日を見て帰ってくる。
1日にこの2つ参加して計485P,約5000円弱なのでなかなか安いと思う。

・ジンバブエ ATMそれなりにあるが使えない銀行も多い
<移動概要>
     カズングラ(ボツワナとの国境)
       ↓ 乗合タクシーで2時間 7USD
       ↓      
     ヴィクトリアフォールズ SHOESTRINGS テント泊5USD ドミ10USD
       ↓ 列車一等寝台にて 12USD 二等寝台10USD 座席8USD
       ↓ 午後7時発で翌朝10時着
     ブラワヨ PACKER'S REST テント泊7USD程度 ドミもあり(泊まってないけど)
       ↓ バスにて5時間 8USD
       ↓
     マシンゴ
       ↓ ミニバスにて30分 1.5USD
       ↓
     グレートジンバブエ 遺跡内キャンプサイト  テント泊5USD ドミ7USD
       ↓ ミニバスにて30分 1.5USD
       ↓
     マシンゴ
       ↓ バスにて8時間半 8USD
       ↓ (大型バスだったので時間かかった。。ミニバスなら4,5時間らしい)
     ハラレ IT'S A SMALL WORLD  テント泊7USD ドミ14USD
       ↓ ミニバスにて3時間半 8USD
       ↓
     ムタレ
       ↓ 乗合タクシーで30分 2USD
       ↓
     フォーベス国境(モザンビークとの国境)

<ビザ>
必要。
各国境で簡単に取得可能。シングル30USD ダブル50USD

<宿泊>
宿情報を参照。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・ヴィクトリアの滝
ザンビアの所に書いたので上を参照。

・ヴィクトリアの滝でのラフティング
通常130USD+公園入場料10かかるのだが、2人で申し込んで80USD+入場料10にまで下がった。
申し込んだのはSHOCK WAVEというラフティング会社。町の中心を歩いているとここの客引きに声かけられるが、
大体110とか120にしか値下がらない。すぐ近くにあるツーリストインフォメーションの人に話してもらったらこの値段まで下がった。かなり粘ったので要交渉。
実際はSHEARWATERというちゃんとした会社と一緒にやったのでツアーの質は良かった。
写真20USD DVD30USDだが質はまぁまぁ。
WILD HORIZONって会社が一番大きく、写真やDVDの質はかなり高いが、ラフティング自体は130USDから値下げできなさそう。
肝心のラフティングは、思った以上に迫力があって楽しめた。
自分達は1回も転覆しなかった(しないよなルートをガイドが取った)が、場合によっては3回転覆したりもするらしい。ずっと谷底を進む景色もなかなか良い。
まぁ良かったけど、それでも高いかなって印象かな。
ウガンダではラフティングしていないので比較はできないが、両方やった人の話を聞くとヴィクトリアの方が流れも強く、景色もずっと良いので楽しかったと言っていた。

・グレートジンバブエ
入場料15USD。遺跡内の施設で泊まれる(テント5USD,ドミ7USD)が、食事を取れる施設があるか不明なのでマシンゴで食料を買っておくと良い。グレートジンバブエは行きはちょうどTMというスーパーの前から出るのでそこで調達を。
遺跡自体は「ピラミッドに次ぐ世界2位の石造建築」らしく期待してたが、実物を見てかなりがっかりした。
小さいしただ石を組んだだけ。まぁ個人的印象ですが。
ミニバスを降りてから遺跡まで2kmほど歩くのでそのつもりで。

・100兆ジンバブエドル
ヴィクトリアフォールズの町を歩いていると「買わないか?」と声をかけられる。
いろんな紙幣を合わせて「1枚2ドル」とか「3枚で5ドル」とか言ってくるが「10枚で5ドル」とかになるらしい。
実際買ってないのでよくわからんけど。
ちなみにザンビアの「JOLLEY BOYS BPS」の前でも売ってる人がいる。

・ヴィクトリアフォールズ⇔ブラワヨ間の電車
どちらからも夜7時ころ発、翌朝10時着ぐらい。
料金は一等寝台12USD,二等寝台10USD,座席8USD。
自分は一等寝台を利用。2人用のコンパートメントだったが、自分一人だった。
列車は古いが木目調でかなりオシャレな感じ。乗る価値はかなりあると思う。

・米ドルキャッシング
ATMで1000ドルまでキャッシング可能。手数料4USD取られたけど(BARKLY BANK)。
ただ、ジンバブエ国内で使ってるようなボロボロの紙幣も出てくるの注意。
店舗内でまだましな紙幣と交換してくれた。

・モザンビーク 1USD=29MTN(2012年8月) ATMそれなりにあり
<移動概要>
     フォーベス国境(ジンバブエとの国境)
       ↓ ミニバスで1時間半 80MTN
       ↓      
     シモイオ PINK PAPAYA ドミ400MTN(1200円)
       ↓ ミニバスで1時間 55MTN
       ↓ 
     インチョペ
       ↓ トラックを有料ヒッチで8時間 300MTN
       ↓
     ヴィランクール VILANCULUS BACKPACKERS ドミ200MTN(600円)
       ↓ ミニバスで6時間 175MTN
       ↓
     マシシ
       ↓ フェリーで対岸のイニャンバネまで30分 10MTN
       ↓ 荷物代10MTNを請求してくる可能性もあり 払う必要なし
       ↓ イニャンバネからミニバスで30分 15MTN
       ↓ 荷物代10MTN請求 払わないと乗せてもらえない可能性あり
     トーフ TOFO BEACH & CAMPING BACKPACKER テント泊200 ドミ350
       ↓ イニャンバネからミニバスで30分 15MTN+荷物代10MTN
       ↓ イニャンバネから中型バスで8時間 475MTN 荷物代請求なし
     マプト BASE BACKPACKERES ドミ350MTN
       ↓ ミニバスで2時間 70MTN
       ↓
     ナマーシ国境(スワジランドへ)
 
<ビザ>
必要。取得地点によって値段が全然違うので注意。
ジンバブエからの国境なら8USD。スワジランドからの国境なら85USD程度。マラウィからの国境なら30USD。
ジンバブエの大使館25USD。マラウィの大使館50USD程度。ケープタウン25USD程度。
値段は変わる可能性高いので要確認。

<宿泊>
宿情報を参照。
・シモイオの「PINK PAPAYA」のドミにて盗難事件発生。。
昼間全員の外出時に狙ったようで、犯人はシングルに泊まってた現地人で犯行後逃走。。
被害は3人で、カメラ、パソコン、現金などの貴重品を盗まれた。
宿のオーナー(欧米人)がちゃんと対応してくれて、警察からの盗難証明書もすぐにもらえたようだ。
自分はカバンに鍵をかけていたので助かったが危ないところでした。。
・トーフの宿
安いので「TOFO BEACH~」に泊まった(テント200 ドミ350)が、「John's Place」(ドミ250)の方がスタッフも気持ち良く、個人的にはこちらをすすめたい。「FATIMA」はテント250,ドミ400と高め。
・マプトの宿
「FATIMA」はテント400,ドミ500と高い。またトーフへのシャトルバスが700と高い。
「BASE BPS」ならドミ350で、トーフへのシャトルも600と安い。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・バス料金の値段 荷物代の請求
全部のバスがそうかわからんが、「途中下車であっても終点までの料金」を請求されることがあるようだ。
具体的には、シモイオ→マプトが1200MTNで、途中のヴィランクーロやマシシ(トーフへの拠点)で降りても1200MTN請求される。
それが嫌だったので、自分はまずシモイオからインチョペに移動。インチョペはモザンビーク中部の、いろんな方面のバスが集まるジャンクションになっていて、そこで安いバスを探したり交渉できる。自分は結局ヴィランクーロまでトラックの荷台に乗っていった。シモイオ→インチョペが55MTN,インチョペ→ヴィランクーロが300MTNだったのでかなり安く(ってかこれが正統な値段だと思うが)行くことができた。
インチョペからベイラやナンプラなどいろんな方面に向かうことが可能。
観光客がよく利用する路線のバス等に乗る場合「かなりの確立で荷物代を請求される」。
現地人も払ってるなら払っても良いのだが、払ってなかったのでこちらも払わず。
だが場合によっては払わないと乗せてくれない場合もありなので要交渉。

・トーフへの行き方
北からトーフに行く場合は「MAXIXI」で降りて船で対岸の「INHAMBANE」に移動。10MTN。
「INHAMBAE」からミニバスで「TOFO」に移動。15MTN。この間のミニバスは荷物代を要求してきて、断ると乗せてくれないので注意。。
トーフから北に行く場合はこれの逆で。
マプトからの場合は「BASE BPS」の宿のシャトルバス(実際は現地人も乗るただのミニバス)が多少高いが便利。
600MTN。「FATIMA」からだと700。自力でバスターミナルから行けば500程度でトーフまで行ける。

・オーシャンサファリ
ジンベエザメと一緒に泳ぐツアー。11月~3月あたりがベストシーズンのようだ。
ジンベエザメを水面から探すので「晴れ」で「風の無い」日に参加するのが良い。
自分は9月に参加。天気の良い日を選らんで参加したが、ジンベエザメは見つけられず何もしないで終了。。
ただ、クジラやイルカはたくさん見れたのでホエールウォッチングだった、、とも思える。
TOFO SCUBAで1000MTN(3000円)、見れなかった場合次回は半額で参加できるとの事。
また、ダイビングはしていないが、マンタが高確率で見られるポイントがあるようだ。

・マプトの治安
海沿い近くは治安が良くないらしいので注意。海外協力隊員も強盗にあったよう。他のエリアでも十分注意。
また、警官にパスポートの提示を求められ、金を要求されることもあるので注意。
パスポートの携帯は義務かもなので持っておいた方が良い。

・スワジランドへ
マプトからマンジニまでのダイレクト便があるが80ランドだし、人数も集まりずらい。。
マプトから国境のナマーシ(70MTN)に行き、国境を越えてからマンジニ行き(40ランド)に乗った方が早いし安い(合計60ランド)。逆の場合も刻んだ方が良いだろう。

・南アフリカ 1USD=8.2R (2012年9月) ATM多数
<移動概要>
1回目  マンジニ(スワジランド)から
       ↓ ミニバスで7時間 210ランド
       ↓ 
     ダーバン BANANA BACKPACKERS ドミ110ランド   
       ↓ ピーターマリッツバーグまでミニバスで1時間 45ランド
       ↓ アンダーバーグまでミニバスで3時間 70ランド
       ↓ アンダーバーグからサニパスの手前、タクシー乗り場まで30分 26ランド
       ↓ 警察の車とツアー車をヒッチしてレソトの国境まで
     サニパス(レソトとの国境)
     
2回目  ヴァンルーウェンス(レソトとの国境)
       ↓ ウェプナーまでミニバス30分 8ランド
       ↓ ウェプナーからミニバス1時間半 70ランド
     ブルームフォンテン
       ↓ バスにて12時間半 CITYLINER社で305ランド
       ↓ ※チケットは事前にレソトで購入。SHOPRITE内にあるチケット屋で。
     ケープタウン CAT & MOOSE ドミ100ランド(日本人は90ランドに値引き)
       ↓ 電車でサイモンズタウンまで1時間、運賃往復17ランド
       ↓ サイモンズタウンBPからタクシーでケープポイントへ。3人で750ランド(入場料込み)
     ケープポイント
       ↓
     ケープタウン
       ↓ AVISでレンタカー、1日650ランドの6人乗りの車で。
       ↓
     ステレンボッシュ
       ↓
     ケープタウン
       ↓ BAIKEY'S REO LINERで22時間、500ランド。
       ↓ 水・金・日の朝10時バスターミナル発。予約不要で直接行けば良い。
       ↓ 席はガラガラで3列の席に横になって寝れた。
     ウィントフック(ナミビアへ)

<ビザ>
不要。90日まで滞在可能。
<宿泊>
宿情報を参照。
ケープタウンの定番宿、CAT&MOOSEはWiFiが有料なのが難点。だがMB制なので少しずつ使えば10ランドでも数日持つ。もしがっつりネットしたい場合は、近くの「Long Street Cafe」で。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・バスチケット
バスのチケットはバスターミナルやオフィスに行かなくても、「SHOPRITE」などのスーパーで買うことが可能。
こっちの方が会社ごとの値段の比較がしやすいので良い。これで安い会社を探し、その会社のオフィスで直接買ったりも良さそう。

・ダーバン
南ア最初の町でかなり治安に警戒したが、昼間なら全く問題なさそう。
ダーバンはインド系が多いのか、かなり美味しいカレーが食べれたのでオススメ。

・ケープタウンの日本食
「FUJIYUMI」「FUJIYAMA」「MINATO」あたりが定番
FUJIYUMIは値段が安く質も高い。SUSHI BOXランチで行くと65ランド、オススメ。
FUJIYAMAは行ってないが、値段はFUJIYUMIより高いがいろいろとサービスしてくれるみたい。
MINATOは寿司がおいしいって事でいったがそれなり。寿司で100ランド程度。
個人的にはMINATO、FUJIYAMAに行くならFUJIYUMIに何回も行った方が良い。

・喜望峰へ
①レンタカーで
3人程度いて免許があるならレンタカーで。小型車なら1日260ランド程度で借りられる。
②電車+タクシー
3人程度いて免許がない場合。ケープタウンから電車でサイモンズタウンまで行き(運賃17ランド)、
そこからタクシーで。タクシーらしいタクシーはいないので、自分はサイモンズタウンBPの宿のツアーみたいな
形で行った。ボルダーズビーチなどいろいろ寄ってくれる。
料金は
1人 575ランド
2人 650ランド
3人 750ランド
4人 850ランド 各公園の入場料85ランド込み
自分は3人で行ったので実質入場料85ランドと、車代が一人165ランドの計算。
③電車+自転車
一人で行く場合はこれかも。
同じく電車でサイモンズタウンへ。サイモンズタウンBPで自転車を借りる。120ランド。
自転車安くないし、距離も往復で20KM以上あり、アップダウンも激しいのでそれなりの覚悟で。
眺めは良いので余裕があれば楽しめそう。

・運転免許翻訳
国際免許証がなくても、日本の免許証を日本大使館、領事館で翻訳してもらえ、それで車を借り運転する事が可能。
ケープタウンの日本領事館で即日、190ランドでやってもらえた。
ちなみに領事館では日本語書籍の貸し出しもやっている。

・レンタカー
ケープタウンにレンタカー会社がたくさんある。予約しないと車の確保が難しいが、運次第かも。
車は安い小型車で1日260ランド程度~、セダンで400ランド程度

・テーブルマウンテンとライオンズヘッド
テーブルマウンテンはCAT&MOOSEから登山口まで1時間、そこから頂上まで1時間半ほど。
ライオンズヘッドはCAT&MOOSEから登山口まで1時間、そこから頂上まで1時間ほど。
どちらも通常のバックパッカーなら問題なく歩いて登れると思う。
個人的にはライオンズヘッドからの景色の方がカッコ良くて好きです。

・ステレンボッシュのワイナリー
たくさんあるので選んでいった方が良い。
自分が行ったのは「SIMONSIG」と「SPIER」のワイナリー。
SIMONSIGでワイン工場の見学(無料、要予約)とワインの試飲をした。5種類25ランド。
SPIERでも試飲可能。30ランド程度。歩き方にチーターがいるとあるが、2012年10月の時点では移動していなくなっていた。

・ケープタウンからウィントフックへ
定番なのはIntercape社のバスで運賃が690ランド程度。
他社ではBailey's Reo Liner社ともう1社が500ランドで運行している。
Bailey's Reo Linerは水・金・日の朝10時バスターミナル発。
事前予約は不要(オフィスなし)で直接バスターミナルに行けば良い。
席はかなり空いていて、自分は3列の席を独占して横になって寝ることができた。
詳しくはケープタウンのツーリストインフォメーションの下がナミビアのインフォメーションセンターになっているのでそこで。

・ナミビア 1USD=8.2NAD(2012年10月)
<移動概要>
     ケープタウン
       ↓ BAIKEY'S REO LINERで22時間、500ランド。
       ↓   
     ウィントフック CARDBOAD BOX PACKPACKER ドミ95NAD テント70NAD 
       ↓ 
       ↓ 
     レンタカーで・ナミブ砂漠・スワコップムント・オプウォ・エトーシャ国立公園
     詳しいレポートはこちらで。
       ↓ 
       ↓
     ウィントフック
       ↓ AIR NAMIBIA 直行便で36000円程度。
       ↓
     ガーナへ   
<ビザ>
不要。90日まで滞在可能。
<宿泊>
宿情報を参照。
<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・レンタカーツアー
詳しい内容は「ナミビアレンタカー」のページ参照。

・ゲームミートが食べられる店
ウィントフックにある「ジョーズビアハウス」では、シマウマやクドゥ、スプリングボックなどの肉が食べられる。行ってないけど有名なのでけっこうな旅行者が行ってるみたい。

・ウィントフック→ケープタウン
INTERCAPE(690ランド)が定番だが、BAIKEY'S REO LINER(500ランド)の方が安いし、空いていて席を独占できることも多い。運行は週3便。詳しくは宿のスタッフ等に確認を。


・レソト 1USD=8.2LSL (2012年9月) ATM多数
<移動概要>
     サニパス(南アとの国境)
       ↓ ミニバスで3時間 50ランド
       ↓ ※自分は刻んだが、南アのアンダーバーグからの便に乗る方が楽(90ランド)
     モコトロン GROW (満室で泊まれず、その辺で野宿)
       ↓ ミニバスで40分 18ランド
       ↓ 
     モルモン MOLUMONG LODGE テント泊70ランド ドミ150ランド(値引き交渉可)
       ↓ モコトロンまでトラックヒッチで30分 10ランド
       ↓ モコトロンから大型バスで7時間 98ランド
     マセル AGRICAN CULTURE CENTRE テント泊65ランド ドミ130ランド
       ↓ モツェクオアまでミニバスで1時間 24ランド
       ↓ モツェクオアからミニバスで1時間 20ランド
     マレアレア MALEALEA LODGE テント泊75ランド ドミ135ランド
       ↓ ミニバスで1時間 30ランド
       ↓
     マフェテン
       ↓ ミニバスで20分 9ランド
       ↓
     ヴァンルーイェンス(南アとの国境)

<ビザ>
不要。
<宿泊>
宿情報を参照。
レソトでのテント泊は、マセルでは問題無かったが、マレアレア、モコトロン、モルモンは夜がかなり冷え込むのでそれなりの装備と覚悟が必要。ブランケットを貸してもらうのが良い。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・サニパス国境
レソト東側、ダーバン方面へと抜けるサニパス国境は景色がかなり良いのでオススメ。
モコトロン⇔アンダーバーグ間 90ランド
南アに抜けた後は、そのままダーバンまで行くか、アンダーバーグの手前にある「SANI LODGE」に泊まるのが便利。
・ポニートレッキング
定番のマレアレアロッジで。
ブッシュマンペインティング 2人以下200R 3人以上175R 2時間
ウォーターフォール 2人以下220R 3人以上200R 4時間
上の両方   2人以下270R 3人以上220R
1泊ツアー 350R~
自分はウォーターフォールのに参加。ポニーというより馬に乗り、景色の良い中をのんびり歩いていく。
なかなか楽しかった。
モルモンのモルモンロッジでも可能。
1時間80Rとの事だが、値引き可っぽい。モルモンはポニーに乗らなくても自分で歩き回っても楽しい。


・スワジランド 1USD=8.2SZL (2012年9月) ATM多数
<移動概要>
     ロマハシャ国境(スワジランドから)
       ↓ ミニバスでシムンエまで30分 10ランド(マンジニ行きは40ランド)
       ↓ シムンエからミニバスで10分 5ランド
     フラネ国立公園 NDLOVU CAMP テント泊75ランド 入場料30ランド
       ↓ ミニバスで1時間 30ランド
       ↓ 
     マンジニ
       ↓ ミニバスで30分 12ランド
       ↓
     エズルウィニ LEGEND BACKPACKER テント60ランド ドミ120ランド
       ↓ ミニバスで20分 7ランド
       ↓
     ムババネ
       ↓ ミニバスで20分 7ランド
       ↓
     エズルウィニ
       ↓ ミニバスで45分 10ランド
       ↓
     マンジニ
       ↓ ミニバスで7時間 210ランド
       ↓
     ダーバン(南アフリカへ)

<ビザ>
不要。

<宿泊>
宿情報を参照。
エズルウィニのLEGENDS BACKPACKSはかなり親切でよかった。

<各地でのオススメ、小ネタいろいろ>
・ATM
銀行によって、スワジランドのお金が出てきたり南アフリカのお金が出てきたりするので使用前に要確認。

・フラネ国立公園
入場料30ランド。ゲームドライブはサンライズとサンセットの時間が295ランド。昼間は265ランド。
動物のいる場所がネットで仕切られており「サファリパーク」みたいな感じ。。
動物もライオン1匹、象3匹、キリン1匹、サイ2匹ぐらいしか見れず。。
他の国でサファリ参加してる人には物足りず。自分の車で周れるのは良さそうだが、バックパッカーには関係ないか。。キャンプサイトからでもカバやキリンが見れる。

・エズルウィニでの見所
国立博物館は入場料80ランド,学生30ランド。意外に近代的な展示の仕方で小さいけどまぁまぁ良かった。
スワジ文化村は入場料100ランドなので入らず。
ムリルワネの国立公園も、天気が良ければ行きたかったがずっと雨だったので行かず。。