WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
インレー湖 ~Inlay Lake~ 2011.3.21~3.25
インレー湖は、今回ミャンマーを訪れた中で一番田舎らしい場所。
そこには湖で魚を捕る猟師や、舟を思うままに操る子供達、市場で物をうる少数民族の人達と、ミャンマーでの「生活」の様子がよく見えた場所だった。

バガンからのバス。
ヨーロピアンの乗客はほとんど手前のカローで降りていた。
変な像がお出迎え。 町を流れる川にはびっちりと舟が。 空と水と、キレイな風景。
いかにもインレー湖
って感じの光景。
インレー湖では足で舟を漕ぐのが伝統的。 インレー湖上の高床式の家。 家からの移動は歩けず、
カヌーを使うしかない。
水上の学校。日本の支援で作られたそうな。 湖上で漁をする人。 細いカヌーの上でいろいろ動き回っていた。 カヌーを漕ぐ人。
移動手段はほぼカヌーしかないので子供でもちゃんと漕いでいる。 女の子も足漕ぎをマスターしている。 家族で買い物かな? 陸のほうからずっと湖の方へと続く桟橋。
インレー湖近くの陸。
田舎の光景。
こちらも漁の様子。 かごで魚を閉じ込めてモリで刺すという方法のようだ。 インレー湖の人々。
インレー湖の人々。 インレー湖の人々。 インレー湖の人々。 舟の上で一休み。
元々の住人ではないだろう、首長族のいる土産物屋。 客寄せや見世物としてやっている感じ。 カメラを向けるとちゃんとポーズをとってくれる。
まだ13歳との事。
首長族のお姉さん。
こちらもまだ若そうな子。
学校とか行ってるのかな?
化粧もばっちりで、給料もらってやってますって感じ。 インレー湖近くの川辺にて。 水牛が水浴びをしていた。
インディンの遺跡。 内部の仏像。 たくさんの仏塔が立つ姿はなかなかカッコイイ。 違う角度から。
インレー湖上のファウンドーウーパヤー。 かつては仏像だったが金箔を貼られすぎて団子状になったという。 湖の上にトマトの畑が作られている。 けっこうな規模だし、
育ったトマトはさすがに
水水しかった。
ジャンピングキャットで
有名なガーペー僧院。
猫だけでなく、寺としてもけっこうちゃんとしている。 立派な像もあったり。 どうやら猫が輪をくぐる芸はお布施しないと見せてくれないらしい。大体の猫は寝ていた。
インレー湖でのサンセット。 湖に光る太陽が良い感じ。 ちょうど仏塔のようなものが立っていた。 日没後、雲がキレイに
色づいた。
陸にあるヤダナマンアウンパヤー。 仏塔の作りが他の地域のものとは違うらしい。 こちらは別の寺院。 人面ライオンが。

インレー湖周辺では毎日場所を変えて市場が開かれている。
そこではインレー湖で取れた魚や、近くで取れたお茶や野菜、花などを売る人達、そしてそれらを買う人達でもりあがっていた。いくつかの少数民族も集まってるとの事だが、真っ黒な服装を着るパオ族だけ判別できた。

たくさんの売り手、
買い手が集まる。
魚を売るおばさん。 こちらは花屋。 噛みタバコの葉を売る
おばさん。
パオ族の人達。 薪を運ぶおばさん。 市場にて。 市場にいた子。
タナカをしっかり塗っている。
子供達。 香辛料を売っていたおばさん。 パオ族のおばさん。 お茶を売るパオ族の
おばさん。
こちらは花を売っていた。 タバコをするおばさん。 パオ族の格好は
わかりやすい。
市場にいた人。
おそらく〇〇族なんだろうけどよくわからん。オレンジの布を頭に巻いていた。 市場での光景。 市場での光景。 市場での光景。
売り子のおばさん。 葉っぱを帽子にして
日差しを防ぐ。
子連れでお買い物。 田舎らしい光景。
お会計するおばさん。 生鮮品だけでなくVCDなども売っていた。    




Back to Pictures