WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
ルアンパバーン ~Luangprabang~ 2011.2.7~2.9
バンビエンを出て、山道を7時間ぐらいかけて世界遺産の町ルアンパバーンへと移動してきた。
ルアンパバーンは町自体が世界遺産との事だが古く情緒ある建物が多い、、というわけではなくツーリスト向けのオシャレなレストランやカフェが並ぶ観光都市となってしまっている。
そんな古都ルアンパバーンには寺が多く、朝たくさんの僧が托鉢に周るのが有名になっている。
観光客も僧に施しを与える事は可能で、托鉢用の米やらバナナなどを売る売り子も多く、伝統的な雰囲気は全然しないがそれでも大量の僧が托鉢に周る姿は他ではなかなか見られないだろう。
仏教国ラオスを象徴するような光景だね。
 ルアンパバーンに到着。
さっそく少年僧達に遭遇。
日差しが気になるのかみんな日傘をさしている。  この人も日傘。まぁこれもラオスらしい光景かな。  ルアンパバーンはメコン川に面した町でのんびりした雰囲気。これはメコン川
じゃないけど。。
 
 こんな感じで川沿いにはオシャレなレストランが並ぶ。 町を歩いていると普通にバナナがなっていた。 世界遺産ルアンパバーンの象徴、ワットシェントーン ラオス国内でも最高クラスに由緒あるそうだがその辺にある寺との違いがわからん。。
 入口はきらびやかな装飾がされている。 が、良く見るとただ金の絵の具で書いたみたいな安っぽい感じがする。  中にある仏像。  ドアにあしらわれている絵
 花と仏塔 ここには金の霊柩車みたいのが収められている。  やはりここにも金の装飾が。  中にはたくさんの仏像。
 どれも古そうなもの その霊柩車みたいの。蛇が特徴的だね。 ワットシェントーンの裏面 どこにでもこーゆー絵が描かれている。 
 シェントーンの脇にある小さい建物には涅槃が祀られている。 お堂内部の天井。 涅槃意外にもたくさんの仏像が。 仏教画。
 お堂の周りには仏教系のモザイク画が。こちらは信仰している図。 こちらは人を殺して物を奪っている図。なんでこんなのが描かれているんだ?? 綺麗なお寺があったと思ったら博物館の一つらしい。 ルアンパバーンの
国立博物館
 
 ワットマイというお寺 入口が金ぴかなのが特徴のようだ。 確かにきらびやかだね。 こんな感じ。
 柱も細かい模様が描かれていてカッコイイ。 境内にある仏像。
たくさんの蛇と一緒に。
 
いろんな種類の仏像が。  その辺にあったお寺。
まぁラオスらしいお寺だね
柱についている彫刻もカッコイイ 屋根の飾りが特徴的かも。 こんな変わった像もあったり。  こちらもその辺にあった
お寺。
 扉にはやはり金の装飾が ラオス風お寺。  こちらも。 これはスイカの半分にしたような形の寺。そのまんまラオス語で「スイカ寺」らしい。 
夕方はメコン川を見ながら夕日を見れる。これもなかなか綺麗な光景だね。 夕日。  川に浮かぶ小船と。  日の入り後のヤシの木。
 おじさんが一生懸命網を投げて魚を取ろうとしていた。 ルアンパバーンでも夜は屋台が出始める。  こちらは食べ物の屋台。
ラオスではおかずを買って宿で食べるってのが多かったな。
 
焼きバナナ屋。 
自家製ソーセージ屋。 メコン川で取れたであろう大きい魚を丸ごと焼いている。 おかず屋。 土産用のナイトマーケットの出店もたくさん出てきた
 カラフルな少数民族の土産物。 ビアラオのTシャツはやはりたくさん売っている。  ルアンパバーンらしく坊さんの絵をあしらった土産物も多い。 托鉢をみるために朝6時に起きる。時間になりお寺には托鉢に出かける僧がたくさん出てきた。
 いざ托鉢開始。 施しを受ける前になにやらお経みたいなものを唱えている。 ほとんどが少年僧だね。  各僧にすこしずつお米とかバナナを施していく。
 托鉢の様子。 僧達は「ありがとう」って感じもせず淡々と進んでいく。 ほんとにたくさんの僧達。 僧達。 
このでかいお椀みたいに入れてもらう。 お寺と僧達。  観光客なのか、僧の格好をした人達も托鉢に参加していた。 坊さんが坊さんにあげるの図。
 あげている側の坊さんは楽しそうだ。 托鉢。  本当にたくさんの僧達が。 僧達。
托鉢はお米だけでなくお菓子とかお金とかごちゃまぜで入れていた。 僧達。 たくさんの観光客がいるが、僧達はもう慣れてるんだろうね。  托鉢が終わり坊さんがいなくなると、今度は通学する子達がたくさん。
 世界遺産の町らしく
ATMも木で作られ機械っぽくないようにしてある。
巨大な蛾。
20cmぐらいあったかな
町で見かけたポスター。
日本との合同のイベントみたいね。
ルアンパバーンを後にし、タイとの国境の町フアイサーイを目指す。 
夜行で13時間ぐらいかかりフアイサーイに到着。
対岸はもうタイ。
あっさり出国審査が終了しラオスを出国。
いざタイへ。
 
   



Back to Pictures