WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
モンユワ ~Monywa~ 2011.3.14~3.15
マンダレーから北西に3時間ほどの距離にあるモンユワ。
ここには市内のシェーズンゴンパヤー、郊外のタウンボッディー寺院、そして100m以上の2体の仏像と見所も多く、街もミャンマーの田舎町と言った感じでのんびりした雰囲気で良いのだが、ヨーロピアンの旅行者への知名度はイマイチらしくモンユワを訪れるというヨーロピアンは少なかった。なかなかオススメの町です。
マンダレーからのバス。
今回のは「大阪交通局」と書いてある。
モンユワの中心にある
シェーズンゴンパヤー。
なかなかの大きさである。 昼間は参拝者も少なくのんびりとした雰囲気。
シェーズンゴンパヤーの手前に八曜日の仏像。 でかい仏像もある。 たまに見る人面ライオンみたいなの。 ここにも多くの仏像が並べられている。
仏像。 着飾った仏像。
どこかタイっぽい雰囲気。
仏教関連の彫刻。 外の彫刻はハトの休憩所となっていた。
ミャンマーの寺院らしい作りの屋根。 たくさんの仏像。 仏像達。 近くのスータウンピーパヤー。
寺院入口のマット。
すごい歓迎ようである。
門のところにある飾りもオシャレ。 夜のシェーズンゴンパヤー。 夜もやはりキレイ。
夜の大仏。 例によって夜は大仏から
光臨?が出ている。
仏教の場面を再現した
ジオラマちっくなものも。
郊外のボディタタウン村へ。
テーマがよくわからないが大量の仏像が作られている。 アップで。 ここの仏塔もなかなかの
大きさ。
仏塔の背後には100mを
越える大仏が。
仏塔から大仏を見る。
デカイ笑
どちらも110m以上あるとのこと。 アップで。
よくまぁ作ったなーっていうくらいデカイ。
ここにも大量の仏像が。
仏像達。 110mの寝釈迦の前へ。
でかいけど作りは安っぽい感じ。
枕は4階建てのビル。
大きさがわかるかな?
こちらの立像も115mも
あるという。
土台の模様。 立像の中に入るとこーした仏像がたくさん鎮座している。 中には階段がありどんどん上がっていける。
各階にはこうした仏像が。
32階くらいまで上げっていけるらしいが10階ぐらいで満足して引き上げる。
内部にはアンコールワットの絵もあったり。
テーマが謎。
さらに高い所にはちゃんとした寺院がある。 こちらはタウンボッディー寺院。 針山のような独特な作り。
タウンボッディー寺院。 色彩もなかなか派手。 原色の世界。 たまにある彫刻、
というか像。
人面ライオン。
正面から見ると間抜けな
感じ。
下から見上げてみる。 こちらは犬の顔をした人。 寝釈迦もいる。
タウンボッディー寺院内部。大量の仏像が。 仏像の後ろにはたくさんの小さい仏像。 どれも格式の高そうな
仏像。
仏像達。
仏像達。 柱の脇から覗き込む
感じで。
ここの仏像にもやはり
光臨が。
タウンボッディー寺院の周りにも寺が。
謎の像。 こちらも謎の動物。 内容がわからんとただの
ユニークな像だな。
こちらも。
なにかお経みたいのを
掲げているのか。
モンユワの鉄道駅にて。 ちょうど出発していった。
が、どこへ向かう電車だ?
客車というよりは貨物車に人が乗り込んだ感じ。
日本人戦没者の墓地もある。 が、悲しい事に周りはゴミ捨て場となっている。。    





Back to Pictures