WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~
HOMEブログ旅日記旅写真旅動画ルート準備情報
ウルムチ  ~Urumqi~ 2010.10.7~10.9
ウルムチはもはや中央アジアの雰囲気でありアラビア文字のようなウイグル語と、カザフスタンのキリル文字の看板が目に付く。街行く人も「中国人です」と言われても信じられないような、アラブっぽい顔立ちの人ばかりでした。
 ウルムチ駅。
ウイグル語表記されている
カザフスタン行きの国際
列車が止まっていた。
 ウルムチの周辺では風力発電がさかんらしい。 ウルムチはけっこう都会でビルが立ち並ぶ。
まだまだ建設中です。 ケンタッキーにも
ウイグル語表記が。
 民族関係なく仲良くしましょうという看板 ウイグル語だけでなく、カザフスタンのキリル文字表記も多い。 
国際大バザール イスラム建築の建物に中国旗はちょっと合わない。  国際大バザール内部 中央アジアっぽい品が並ぶ
ウイグル族には
馴染みらしい短刀
中国のような陶磁器ではなく、金属製の食器が並ぶ。 民芸品。 イスラム関連グッズはトルコからの輸入が多いようだ
 これはカザフスタンの影響か、ロシア正教会があしらわれている。 これはインドから輸入されたものかな。 大バザールは観光客向けの店が多かったかな。 こう見えても中国人です。
 ウルムチの人達。 ウルムチの人達。 ウルムチの人達。 ウルムチの人達。
ウルムチの人達。 ウルムチの人達。 ウルムチでもコスプレをやってる人がいて驚いた。
漢族の人だろうけど。
イスラム風な建物が
目に付く。
 
 料理もイスラム、ウイグルって感じですね。 ウルムチでは去年暴動があり、それ以降武装警察が街を練り歩いている。 夜はバザールが栄えているのかと思ったらほぼ店は閉まり暗い雰囲気。 夜は街に備えてある防犯
カメラがずっと写真を撮っていた。
 
 かまどに直接くっつけて焼くパン。中には肉が入っていておいしい。 ウイグル博物館。 この地方で発掘された
ミイラ。
 
ミイラ。 
 ウイグル語の印鑑。 出土品には子供が書いたような絵もあった。考えてみれば自然の事だが。     




Back to Pictures